環境用語集

ZEH+【ぜっちぷらす】

概要

現行のZEH(Net Zero Energy House:ネット・ゼロ・エネルギー)より省エネをさらに深堀りするとともに、設備のより効率的な運用などを備えたもの。太陽光発電の自家消費率を引き上げ、FITからの自立を目指すのが目的。

定義など

ZEHロードマップの「ZEHの定義」を満たし、かつ、以下のⅠとⅡを満たすこと。

Ⅰ さらなる省エネルギーの実現
  25%以上の一次エネルギー消費量削減

Ⅱ 以下の太陽光発電の自家消費拡大措置のうち、2つ以上を導入すること

  • 外皮性能のさらなる強化
    外皮平均熱貫流率(UA値)が0.30~0.50以下であること(地域区分により異なる)
  • 高度エネルギーマネジメント
    HEMSにより、住宅設備の制御が可能であること
  • 電気自動車(プラグインハイブリッド車を含む)活用のための充電設備
    発電した電力を電気自動車等に充電できる設備を車庫等に設置すること

zhe

「ZEHの普及促進に向けた政策動向と平成31年度の関連予算案」(平成31年3月)資料より(経済産業省 資源エネルギー庁省エネルギー課)

(資源エネルギー庁 ZEHの普及促進に向けた政策動向と平成31年度の関連予算案 (平成31年3月) およびSII 平成31年度の経済産業省と環境省のZEH補助金について(平成31年)より引用)

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.