> > トヨタ、ハイブリッド車の電池を再利用した蓄電システムを販売店に販売

トヨタ、ハイブリッド車の電池を再利用した蓄電システムを販売店に販売

記事を保存

トヨタ自動車は、電池原料のより効率的な活用を目指し、ハイブリッド車(HV)用の使用済みニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを使用した、エネルギーマネジメントシステムを4月から全国のトヨタ車両販売店向けに販売すると発表した。販売店に本システムを導入することで、店舗あたりのエネルギー使用量・料金の削減を実現するとともに、電力のバックアップを可能とすることで災害時などにも備える。

今回、定置型蓄電システムに加え、BEMS(ビルエネルギー管理システム)・ソーラーカーポート・太陽光発電LED照明省エネ空調などを組合せ、電力の消費・蓄電・放電を最適にコントロールし、効率化できる総合的なエネルギーマネジメントシステムとして販売する。なお、本システムの販売は、トヨタのエネルギー事業会社であるトヨタタービンアンドシステム(愛知県豊田市)を通じて行う。

同社は、HV用の使用済みニッケル水素電池を再利用した定置型蓄電システムについて、昨年2月より、名古屋トヨペットの太田川店などで実証実験を行ってきた。ピークカットなど電力の利用効率を高めることにより、1店舗あたりのエネルギー使用量および電気・ガス料金を、従来型の店舗と比較して半減できることが確認された。

また災害時などの停電時においては、電力のバックアップが可能なため、地域の情報収集拠点や避難場所としての活用することもできる。

従来、電池容量が下がり自動車用途としては使用できなくなったHV用のニッケル水素電池は、販売店等で回収した後、解体・還元処理等を行い電池原料として再びHV用ニッケル水素電池へとリサイクルしている。

しかし、回収した電池を組合せることで自動車用途に比べ重量や体積に制約の少ない定置型蓄電システム用として利用できる物が多く、定置型蓄電システムへの再利用は、こうした状況を踏まえて開発された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.