> > トヨタ、ハイブリッド車の電池を再利用した蓄電システムを販売店に販売

トヨタ、ハイブリッド車の電池を再利用した蓄電システムを販売店に販売

 印刷 記事を保存

トヨタ自動車は、電池原料のより効率的な活用を目指し、ハイブリッド車(HV)用の使用済みニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを使用した、エネルギーマネジメントシステムを4月から全国のトヨタ車両販売店向けに販売すると発表した。販売店に本システムを導入することで、店舗あたりのエネルギー使用量・料金の削減を実現するとともに、電力のバックアップを可能とすることで災害時などにも備える。

今回、定置型蓄電システムに加え、BEMS(ビルエネルギー管理システム)・ソーラーカーポート・太陽光発電LED照明・省エネ空調などを組合せ、電力の消費・蓄電・放電を最適にコントロールし、効率化できる総合的なエネルギーマネジメントシステムとして販売する。なお、本システムの販売は、トヨタのエネルギー事業会社であるトヨタタービンアンドシステム(愛知県豊田市)を通じて行う。

(※全文:781文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.