> > NECなど、電気自動車などの充電タイミングを調整、デマンドレスポンス技術を開発

NECなど、電気自動車などの充電タイミングを調整、デマンドレスポンス技術を開発

 印刷 記事を保存

NECは、東京大学生産技術研究所 荻本和彦 特任教授と共同で、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)に搭載された蓄電池を、電力の需給バランス調整に活用するデマンドレスポンス(DR)技術を開発したと発表した。今回、開発した技術は、多数台のEV/PHEVが搭載する蓄電池(100万台で発電所一基程度に相当)の充電タイミングを調整しDRに活用するもの。

具体的には、電力の需給予測と利用できるEV/PHEVの台数や時間などの情報を基に、EV/PHEVを充電する前日に充電タイミングの目標を立て、充電当日は、目標に合わせて実際に利用できるEV/PHEVを充電していく。これらにより、EV/PHEVユーザーの使い勝手を損なうことなく、多数の蓄電池を電力の需給量に合わせて最適なタイミングで充電でき、低炭素で安定な電力システムの実現に貢献する。

本開発技術の特長として、以下の2点をあげる。

(※全文:1,077文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.