> > 島根県・隠岐諸島の蓄電池システム実証事業 連繋するのは太陽光・風力

島根県・隠岐諸島の蓄電池システム実証事業 連繋するのは太陽光・風力

 印刷 記事を保存

中国電力は、島根県・隠岐諸島におけるハイブリッド蓄電池システムによる技術実証事業において、新たに導入を決定した約8,000kWの再生可能エネルギーの具体的な内容について発表した。

旧隠岐空港跡地(島根県有地)に旭メガソーラー隠岐発電および隠岐一畑交通・一畑電気鉄道(共同事業体)がそれぞれ1,500kWのメガソーラーを設置するほか、海士町にエネルギア・ソリューション・アンド・サービスが2,000kWの風力発電を設置する。また、隠岐の島町では、既連系申込分(非公表)によるメガソーラーの設置を約2,000kW、隠岐諸島全域の住宅用太陽光の増加分による設置を約500kW(見込み)、を計画している。

(※全文:779文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.