> > あのオーストリアの技術が日本にも! 電力・熱・水素を生む木質バイオガス発電

あのオーストリアの技術が日本にも! 電力・熱・水素を生む木質バイオガス発電

 印刷 記事を保存

メガソーラー事業蓄電池事業を手掛けるエジソンパワー(東京都中央区)は25日、木質バイオマスのガス化発電事業を全国で展開すると発表した。国内第1号機は茨城県大子町で10月に着工、発電した電気は固定価格買取制度(FIT)の小規模バイオマス区分で売電、排熱は大子町の公共施設、温泉街などへ供給し、地域活性を目指す。

1号機の発電出力は1,100kW。本装置は山間部から間伐された木材のみを燃料とする、ガスエンジンによるガス化発電装置。間伐材の消費量は年間約12,000トン(水分率50%)。大子町の林業団体と原料供給契約を締結し事業を実施する。来年10月に本格稼働する予定。売電収入は年間約4億円を見込む。

2号機は栃木県佐野市に設置する。発電出力は1,300kWで、うち200kWは沸点の低い有機媒体を利用して、熱から発電するORC(オーガニックランキンサイクル)。来年12月に稼働する予定。

その他全国10カ所程度で小規模バイオマス発電事業を計画している。また、ガス化工程から水素分離も可能で、今後、水素社会にむけ、バイオマスからのガス化で得られる水素を利用した水素ステーションを併設したマルチジェネレーション発電システムへの展開も予定している。

あのオーストリアの技術を日本に導入

今回のこの事業は、エネルギー自給自足による地域活性モデルとして注目されているオーストリア・ギュッシング市の導入したバイオマス発電技術を利用したものだ。

(※全文:1,222文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.