> > 竹中工務店、デマンドレスポンス対応BEMSの実証実験をスタート

竹中工務店、デマンドレスポンス対応BEMSの実証実験をスタート

 印刷 記事を保存

竹中工務店は、NEDOのプロジェクトを活用して、太陽光発電、発電機、電気自動車などの分散型電源を直流で一括制御し、建物の電力消費に応じてリアルタイムに充放電することができるエネルギー制御システム「I.SEM(アイセム)」を開発し、TAK新砂ビルに初導入し、実証試験を開始した。

「I.SEM」とは、建物の負荷予測を行い、熱源や空調機器などの運転を最適に計画し、計画通りの電力デマンドを達成する、エネルギーマネジメントシステム。マネジメント機能を、同社が開発したクラウド活用の情報プラットフォーム上に構築することで高速処理が可能になり、初めてパーソナル対応のデマンドレスポンスを負荷予測に加味したことで、最先端のリアルタイム制御を実現している。

(※全文:910文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.