> > 自宅を電気自動車と連携させるリフォーム FIT終了後も効率的に電気を利用

自宅を電気自動車と連携させるリフォーム FIT終了後も効率的に電気を利用

記事を保存
自宅を電気自動車と連携させるリフォーム FIT終了後も効率的に電気を利用

積水化学工業は、太陽光発電システム(PV)を搭載した既存住宅向けに、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)から家へ給電も可能な「V2H」(Vehicle to Home)システムを採用したリフォーム商品を発売する。

同社は23日、リフォーム事業の新商品として、PVとEV・PHEV、コンサルティング型家庭向けエネルギー管理システム(HEMS)「スマートハイム・ナビ」が電力連携する「V to Heimリフォーム」を7月1日(金)から発売すると発表した。

このリフォームでは、同社の既存PV搭載住宅にEV用パワーコンディショナーを搭載し、電力会社の電力網に系統連系し、実用的に活用できる「V2H」システムに進化させる。環境配慮志向、家計節約志向など、顧客のニーズにあわせた運転モードの選択により、PV、EV・PHEV、電力会社の電力の3電源を最適利用できるほか、停電時の非常用運転を可能にしている。

EV・PHEVは定置型リチウムイオン蓄電池の数倍の蓄電容量をもつ蓄電池を搭載している。通常のEVコンセントは、家から車へ充電するだけだが、車から家へ給電も可能なV2Hシステムを搭載することで、PV搭載住宅とEV・PHEVの持つ電力の相互有効活用を図る。

また、PV搭載住宅における再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)適用期間終了後の余剰電力の有効活用も視野に入れる。このリフォームにより、将来的にFIT適用期間が終了した際、これまで売電していた電力(余剰電力)を少しでも多くEV・PHEVに蓄えることができる。

停電時の非常用運転では、日中PVの電力をEV・PHEVに充電可能になる。非常用電源として、EV・PHEVの電気を使用しても、PVからの再充電により再び電源として利用できる。また、高出力(最大6,000W)の電力利用が可能のため、エアコンや照明器具、IH調理器も利用でき、ほぼ日常生活並みの暮らしを送ることができる。

その他、EV・PHEVの使い方も考慮した邸別シミュレーションで、顧客の暮らしぶりに合わせたエネルギー自給自足の暮らし提案を行う。


新築住宅の最新設備をリフォームで既存住宅へ

「V to Heimリフォーム」は、ファミエス事業(セキスイハイム・ツーユーホーム入居邸向けのリフォーム事業)の新商品として発売するもの。同社では、新築住宅で採用している最新の設備を入居邸のリフォームにも導入することを基本の考え方としている。そこで、昨年7月より、PVと定置型リチウムイオン蓄電池「eーPocket(イー・ポケット)」、HEMSの3つの設備を基本とする「GREENSHIFT!(グリーンシフト)」リフォームを発売し、エネルギー自給自足のライフスタイルを新築住宅のみならず、既築住宅向けに提案してきた。

「V to Heimリフォーム」は、その第2弾であると同時に、セキスイファミエス20周年記念商品として発売する。これにより、16万棟を超える同社PV搭載住宅のエネルギー自給自足の促進、非常時の安心はもちろん、所有するEV・PHEVのさらなる価値向上も提案する。

なお、同社が、セキスイハイム・ツーユーホーム入居者へ行った意識調査(住環境研究所2013年調査)では、約44%が次回自動車購入時にはエコカーを検討したいと回答し、その内の40%がEVを、40%がPHEVを検討したいと回答している(複数回答)。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.