> > 自宅を電気自動車と連携させるリフォーム FIT終了後も効率的に電気を利用

自宅を電気自動車と連携させるリフォーム FIT終了後も効率的に電気を利用

記事を保存

積水化学工業は、太陽光発電システム(PV)を搭載した既存住宅向けに、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)から家へ給電も可能な「V2H」(Vehicle to Home)システムを採用したリフォーム商品を発売する。

同社は23日、リフォーム事業の新商品として、PVとEV・PHEV、コンサルティング型家庭向けエネルギー管理システム(HEMS)「スマートハイム・ナビ」が電力連携する「V to Heimリフォーム」を7月1日(金)から発売すると発表した。

このリフォームでは、同社の既存PV搭載住宅にEV用パワーコンディショナーを搭載し、電力会社の電力網に系統連系し、実用的に活用できる「V2H」システムに進化させる。環境配慮志向、家計節約志向など、顧客のニーズにあわせた運転モードの選択により、PV、EV・PHEV、電力会社の電力の3電源を最適利用できるほか、停電時の非常用運転を可能にしている。

EV・PHEVは定置型リチウムイオン蓄電池の数倍の蓄電容量をもつ蓄電池を搭載している。通常のEVコンセントは、家から車へ充電するだけだが、車から家へ給電も可能なV2Hシステムを搭載することで、PV搭載住宅とEV・PHEVの持つ電力の相互有効活用を図る。

(※全文:1407文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.