> > 東京都、家庭向けに蓄電池・燃料電池・V2H・太陽熱利用システムの補助金

東京都、家庭向けに蓄電池・燃料電池・V2H・太陽熱利用システムの補助金

記事を保存

東京都は6月27日、家庭におけるエネルギー消費量の削減と非常時の自立性の向上を目的として、創エネ機器等を設置した住宅に経費の一部を補助することを発表した。申請期間は2020年3月31日(火)まで。

助成対象者は、公的な団体を除く助成対象機器の所有者。助成対象機器は蓄電池システム、ビークル・トゥ・ホーム(V2H)システム、家庭用燃料電池(エネファーム)、太陽熱利用システムの4点。なお、蓄電池システムとV2Hシステムの申請を行うには、太陽光発電システムと同時導入することが助成要件だ。

助成条件は以下のとおり。

  1. 都内の住宅において新規に設置される未使用の機器であること。
  2. 助成対象機器の設置に係る領収書等の日付けが、2016年4月1日から2020年3月31日までのものであること。
  3. 助成対象機器を設置する住宅において、原則、機器設置前1年間及び設置後2年間の電力消費に係る情報等について、東京都が求めた場合に提供すること。

助成率は以下のとおり。

(※全文:1,812文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.