> > 卒FIT太陽光発電、関西電力の買取価格は8円に 仮想「一時預かり」も提案

卒FIT太陽光発電、関西電力の買取価格は8円に 仮想「一時預かり」も提案

関西電力(大阪府大阪市)は4月22日、2019年11月以降、固定価格買取制度(FIT)の適用が終了(卒FIT)する太陽光発電を対象とした余剰電力買取サービスについて、買取単価を8円/kWh(消費税10%を含む)に決定したと発表した。

また、太陽光発電設備で発電した電力の自家消費の拡大を検討する顧客には、蓄電・蓄熱機能を有する機器(蓄電池エコキュート)の設置や、余剰電力を同社が「仮想的に」預かる「貯めトクサービス」についても提案していく。

2019年11月以降、卒FITを迎える太陽光発電が順次発生する。関西電力をはじめ、電力各社は、買取期間が終了した太陽光発電について、引き続き余剰電力の買取りを行う方針を示しており、具体的な内容は2019年4月を目途に発表するとしている。

今回、関西電力は、その買取条件や契約手続きについて概要を公表した。

(※全文:1265文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.