> > 東京電力、卒FIT電気向け「仮想預かり」プラン詳細を発表

東京電力、卒FIT電気向け「仮想預かり」プラン詳細を発表

東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)は8月6日、固定価格買取制度(FIT制度)による買取期間が満了(卒FIT)する住宅用太陽光発電の余剰電力買取り新サービス「再エネおあずかりプラン」の詳細を発表した。蓄電池を設置せずに利用できるのが特徴で、余剰電量を同社が預かり他の時間帯に使用されたとみなす。

利用料金は、月額4,000円(税込)。毎月の余剰電力のうち250kWhまでは使用電力量に充当し、それを超える余剰電力は、通常プランと同じ買取り単価である8.50円/kWh(税込)で買取る。なお、使用電力への充当は、料金単価の高い時間帯から優先して行われる。

申し込みは、同社サイトで2019年9月9日から受け付ける。サービスは、申し込み後の直近の検針日より開始。なお、対象エリアは、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(島嶼地域を除く)、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)。

標準プランとどちらがお得かは、ケースにより変わる

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.