> コラム > 2030年まで太陽光・再エネを最大限に導入するために(第1回)
緊急連載『改正FIT』

2030年まで太陽光・再エネを最大限に導入するために(第1回)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

エネルギーミックス 再エネ22‐24%の実現に向けて

平成28年5月25日、第190回通常国会において、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律」が成立し、同6月3日に公布された。本法は、いわゆる固定価格買取制度(以下「FIT」という。)の見直しを行うものであり、平成24年7月に施行されたFITにとって、初めての全面的な改正となり、本年4月1日から施行された。

(※全文:2007文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

緊急連載『改正FIT』 バックナンバー

この記事の著者

呉村 益生
呉村 益生
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課 課長補佐(総括)
経済産業省入省後、主に中小企業政策、事業再生政策、環境・リサイクル政策等の企画・立案を担当し、2015年から現職。
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.