環境ビジネスフォーラム「工場・ビル・施設のエネルギー効率化」

脱炭素化で加速する、エネルギー効率改善の「新たな価値」(第1回)

  • 印刷
  • 共有

異常気象などの気候変動リスクが顕在化するなか、世界は「2050年カーボンニュートラル」に大きく舵を切った。その背景と、企業に求められる対応とは? 「2050年カーボンニュートラルに向かう世界とグリーンリカバリー」をテーマに、東京大学教授 高村 ゆかり氏が解説した。(全3回。以下、高村氏談/2月5日開催「環境ビジネスフォーラム」より)

気候変動によるリスク

近年、大型台風の上陸や豪雨災害などの異常気象による被害が相次いでいる。この数年の気候科学は、こうした異常気象について、どれだけ人間の活動による排出が影響を与えているかを定量的に示すことができるようになってきた。例えば2018年の西日本豪雨に関して言うと、人間の活動からの排出によって、降水量が6~7%程度押し上がったと示されている。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事