> コラム > 花王の「脱炭素経営」 製品設計・サプライヤーの行動変容にフォーカス
環境ビジネスフォーラム「工場・ビル・施設のエネルギー効率化」

花王の「脱炭素経営」 製品設計・サプライヤーの行動変容にフォーカス

一世紀以上にわたって、シャンプーや洗濯用洗剤など、私たちの生活に欠かせない製品の開発を続けている花王。昨今では、持続可能な社会の実現に向けて、製品ライフサイクルの各段階やサプライヤーおよび生活者の行動変容にフォーカスしたCO2削減活動を展開。ESG活動推進部 担当部長 柴田 学氏が、同社のESG戦略について解説した(2月5日開催「環境ビジネスフォーラム」より)。

027847-2

花王
ESG活動推進部 担当部長
柴田 学 氏

生活者の選択が持続可能な社会の実現につながる

2021年で創業134年となる花王。

大手化学メーカーとして「生活者の衛生的で健やかな生活を守る」をテーマに、石鹸や化粧品、衣料用洗剤など清潔から美、健康、そして環境へ分野を広げながら革新的な製品を世に送り出し続けている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.