> コラム > 「日清食品らしさ」で取り組む脱炭素 バイオマスカップ・ごみ発電など展開
未来海図-RE100宣言企業が目指す脱炭素経営戦略

「日清食品らしさ」で取り組む脱炭素 バイオマスカップ・ごみ発電など展開

環境ビジネス編集部

2021年2月1日、『RE100』への参画を表明した日清食品グループ。『2030年度までに国内外の事業活動で利用する電力の60%、2050年までに100%を再エネで調達する』ことを目標として設定する。世界の人々の食を支えるグローバルカンパニーの、『RE100』も含めた環境戦略について聞く。

花本和弦 氏

花本和弦 氏

日清食品ホールディングス株式会社
広報部
サステナビリティ推進室 室長

齋藤 圭 氏

齋藤 圭 氏

日清食品ホールディングス株式会社
経営企画部 次長

気候変動への対策が最重要課題

戦後間もないころ、創業者の安藤百福氏が、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.