> コラム > 村田製作所、総合部品メーカーの責任として『RE100』を宣言
未来海図-RE100宣言企業が目指す脱炭素経営戦略

村田製作所、総合部品メーカーの責任として『RE100』を宣言

2020年12月17日、『RE100』への加盟を表明した村田製作所。同社は総合電子部品メーカーとして、これまでも環境負荷低減に貢献する製品の開発・製造を行なってきた。今後は、2050年までに事業活動での再エネ利用100%という高い目標を定め、『気候変動対策』に、より一層力を入れていく。

(新シリーズ「未来海図-RE100企業が目指す脱炭素経営戦略」)

気候変動対策の方向性を明確化

グローバルな総合電子部品メーカーとして、セラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行なう村田製作所。優れた特性を持つ電子材料を使い、最先端の電子部品や多機能で高密度なモジュールなどを設計・製造。携帯電話から家電、自動車関連のアプリケーション、エネルギー管理システムやヘルスケア機器まで、独自の技術や製品でエレクトロニクス社会を支えている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.