スタートアップ解体新書

1日70円の「シェア傘」は社会を変えるか アイカサ(後編)

2022年の梅雨シーズン直前、サントリーホールディングス、大阪ガスなど大手企業8社が参画し「使い捨て傘ゼロ」を目指すプロジェクトが発足した。プロジェクトを主導するのは傘のシェアリングサービス「アイカサ」の運営会社Nature Innovation Group。1日70円で貸し出す傘で、社会の変革を目指す。同社のビジネスモデルや戦略について、丸川照司社長に聞いた。(前編はこちら

32865-001
24時間70円で利用できる傘のシェアリングサービス「アイカサ」(出所:Nature Innovation Group)

「まちを盛り上げる」「廃棄を減らす」 スポット設置者の課題に寄り沿う

まずは渋谷を中心に、半径500mに50カ所のスポットを設置することにした。営業活動を始めた当初は飛び込みで商店や飲食店を訪れたが、断られてばかりだった。

「提案の仕方を工夫した結果、『シェアリング』という言葉を使うより、まち作りの視点で話をしたほうが理解を得られた」(丸川氏)。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報