> > 産業トップランナー制度

環境用語集

産業トップランナー制度【さんぎょうとっぷらんなーせいど】

特定の業種・分野について、当該業種に属する事業者の省エネ状況を業種内で比較できる指標(ベンチマーク指標)を設定し、省エネの取組が他社と比較して進んでいるか遅れているかを明確にし、非常に進んでいる事業者を評価するとともに、遅れている事業者には更なる努力を促すための制度。

詳しくは、ベンチマーク制度、を参照ください。

トップランナー制度(PDF)(経済産業省)

【参考】
ベンチマーク制度見直し、コンビニにも導入へ 事業者クラス分け評価など新制度も(2016/6/21)
経産省の「エネルギー革新戦略」が決定 2030年には民間投資28兆円めざす 環境ビジネスオンライン(2015/4/20)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.