> > 再エネの発電設備導入量、平成26年5月末時点のデータが公表

再エネの発電設備導入量、平成26年5月末時点のデータが公表

記事を保存

資源エネルギー庁は、平成26年5月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめ公表した。引き続き太陽光発電の導入が伸長し、固定価格買取制度(FIT)開始後の再生可能エネルギー発電設備の導入量は、累計で1,043万kWとなった。

FIT開始後に認定された各再エネ設備のうち、新たに稼働した量を各電源別にみると、住宅用太陽光発電は先月と比べて9万kW増加で計230万kW、非住宅用太陽光発電の設備認定量も、先月と比べて56万kW増加し計792万kWとなった。同様に、風力発電は計11万kW、中小水力発電は計1万kW、地熱発電は0万kW、バイオマス発電は計9万kWとなった。

新期認定の伸び率は落ち着いたが、買取電力量は住宅太陽光が先月比13,334万kWh、非住宅太陽光が23,407万kWhの増加をみせ、風力でも2,119万kWh、バイオマス発電でも521万kWhの増加が見られた。一方で中小水力、地熱はそれぞれ、1万kWh、16万kWhしか増加が見られず、伸び悩みを見せた。

また、同時に公開された買取電力量の推移の表を見ると、平成24年度から平成25年度にかけて非住宅太陽光の買取電力量が19,000万kWhから430,000万kWhへと大幅に増加していることが分かる。さらに風力においても平成24年度から平成25年度にかけての買取電力量が約110,000万kWhの増加が見られ、地熱発電も450万kWhの増加が見られた。

平成26年度4月から5月末までの時点で非住宅太陽光の買取電力量は207,000万kWhであり、前年と比べて今年も非住宅太陽光の更なる伸び率が期待できる。

再生可能エネルギー発電設備の導入状況等について(平成26年5月末時点)

(1)導入容量
(万kW)
(2)買取電力量
(万kWh)
(3)買取金額
(億円)(※3)
(4)認定容量
(万kW)
新規認定分
(※1)
移行認定分
(※2)
平成26年
5月分
制度開始から
の累計
平成26年
5月分
制度開始から
の累計
新規認定分
(※1)
太陽光
(住宅)(※4)
230
------
+9
467 70,347
------
+13,334
845,114 305
------
+57
3,750 286
------
+6
太陽光
(非住宅)
792
------
+56
26 115,628
------
+23,407
652,269 488
------
+106
2,714 6,584
------
+22
風力 11
------
+0
253 38,681
------
+2,119
839,052 85
------
+4
1,797 112
------
+5
中小水力 1
------
+0
21 11,175
------
+1
127,909 29
------
+0
326 32
------
+2
地熱 0
------
+0
0 46
------
+16
771 0
------
+0
3 1
------
+0
バイオマス(※5) 9
------
+0
113 33,203
------
+521
404,524 67
------
+2
761 132
------
+11
合計 1,043
------
+66
880 269,080
------
+39,399
2,869,637 974
------
+170
9,352 7,148
------
+46

・内訳ごとに、四捨五入しているため、合計とは必ずしも一致しない場合があります。
 ・各数値の下段は、前月値からの増減値です。
 ※1「新規認定分」とは、本制度開始後に新たに認定を受けた設備です。
 ※2「移行認定分」とは、再エネ特措法(以下、「法」という。)施行規則第2条に規定されている、法の施行の日において既に発電を開始していた設備、もしくは、法附則第6条第1項に定める特例太陽光発電設備(太陽光発電の余剰電力買取制度の下で買取対象となっていた設備)であって、本制度開始後に本制度へ移行した設備です。
 ※3 電気事業者に支払われる交付金(電気をご利用の皆様からいただく賦課金で賄われるもの)は、(3)の買取金額から回避可能費用等を差し引いた金額となります。
 ※4 太陽光(住宅)について、前年度(平成26年3月)までの導入状況の公表においては、導入時期が法施行日の前か後かで分類しておりましたが、平成26年度(平成26年4月)からは、本制度開始後に新たに認定を受けた設備を明確に分類するため、「新規認定」か「移行認定」かの分類としました。
 ※5 バイオマス発電設備については、前年度までの集計手法から、より実態を反映した集計手法とするため、今年度より認定時のバイオマス比率を乗じて得た推計値を集計しています。

【参考】
JP-AC - 固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.