> > 自然公園や里山とうまく共生できる木質バイオマス・LED照明・EVなどに補助金

自然公園や里山とうまく共生できる木質バイオマス・LED照明・EVなどに補助金

 印刷 記事を保存

日本環境協会は、地球温暖化対策地方公共団体実行計画などに計上された事業の実現に必要な設備・車両の導入などを補助する「グリーンプラン・パートナーシップ事業」(GPP事業)の第2回公募を開始した。

今回は、支援事業メニューのうち、自然公園内や里山などのエネルギー起源CO2の削減に直接資する設備を対象とする第3号事業、第4号事業に限って公募を行う。補助対象設備は、ボイラ(化石燃料)、木質バイオマスボイラ(30kW以上、ペレットまたはチップ燃料)、コジェネレーション(化石燃料)、廃熱および未利用熱利用、太陽光発電(パネル状)、小型水力発電、小型風力発電、高効率空調、LED照明電気自動車(大型は除く)、制御付BEMSなど。

(※全文:854文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.