> > 太陽光発電以外でも「運転開始期限」設定へ FIT制度、さらに改善

太陽光発電以外でも「運転開始期限」設定へ FIT制度、さらに改善

資源エネルギー庁は、固定価格買取制度(FIT制度)を見直し、運転開始の遅延による利益を発生させる未稼働案件などを防止するため、太陽光発電のみで導入している、運転開始期限などの運用ルールを、風力発電地熱発電など全電源に導入する考えを示した。

今後、太陽光以外の電源についても、設備コストの低下が予想されることから、太陽光と同様の対策を講じて、再エネの買取費用を賦課金として賄う、国民負担を抑制する。

(※全文:1797文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.