> > 積水化学の調査「一般家庭だとEVの蓄電池は余りまくるからV2Hにすべき」

積水化学の調査「一般家庭だとEVの蓄電池は余りまくるからV2Hにすべき」

 印刷 記事を保存

積水化学工業(大阪府大阪市)は、太陽光発電システム(PV)搭載住宅と電気自動車(EV)の間で電力融通を可能にするるV2H(Vehicle to Home)搭載住宅において、EVの活用や充放電の実態などを調査した結果を発表した。

将来的に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)によるPV電力の買取終了が見込まれている。同調査は、こうした状況を踏まえ、今後の自給自足型住宅のあり方を探るために実施したもの。調査対象は、PVとV2Hのほか、コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を搭載した同社の顧客の実邸64件。

走行による電力利用量だけでは蓄電池が活用しきれず

EVは、家庭用蓄電池と比べ大容量の蓄電池を搭載している。今回の調査結果によると、EVを一般家庭の自家用車として採用した場合、走行による電力利用量は少なく、EVの大容量蓄電池が十分に活用されているとは言えない状況だった。

(※全文:1945文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.