> コラム > 製品の環境負荷を算出し、その改善に役立つ新資格
環境ビジネスの現場

製品の環境負荷を算出し、その改善に役立つ新資格

環境ビジネス編集部

記事を保存

新資格、LCAエキスパート

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の環境・エネルギー部主任研究員の斉藤栄子さんは、これまでのキャリアの中で、様々な官公庁の調査業務、政策提言、ビジネス動向調査、LCA(ライフサイクル・アセスメント)など、幅広い業種との仕事に携わってきた。

その中で、「LCAエキスパート」の資格を知ったのは知人からの口コミ。同資格検定の第1回実施時(2011年2月)は「こういうのもあるんだ」と思っただけだったが、受験のきっかけとなったのは、2008年から携わっている神奈川県川崎市の「低CO2川崎ブランド」プロジェクトだ。

「低CO2川崎ブランド」プロジェクト

ライフサイクル全体でCO2削減に貢献する製品や技術、サービスを公募し、川崎市が認定・情報発信することで、川崎市が率先して地球全体での温室効果ガス削減を図る一大プロジェクト。

当時から三菱UFJリサーチ&コンサルティングは川崎市より外部委託の立場でこのプロジェクトにかかわっており、斉藤さんはプロジェクトリーダーとしてプロジェクト全体の推進サポートを行っていた。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

環境ビジネスの現場 バックナンバー

この連載について

『環境ビジネスの現場』
成長産業となった環境ビジネスの現場で活躍するプロフェッショナルは、どこで悩み、どんな製品や仕事があるのか、働くプロフェッショナルに編集部がお会いしていくことで、新しい産業で芽生えつつある新しい職業観を追いかけていきます。

【LCAエキスパート検定試験とは】
LCAについての専門性・技量等において一定の力量を有しているかどうかを評価し、LCA実務者として認定する。第4回試験の申込締切は、平成25年8月9日(金)まで。詳しくは社団法人産業環境管理協会のウェブサイト(http://www.biz.jemai.or.jp/lca-kentei/)でご確認下さい。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.