> コラム > CFPのシステム認証にLCAエキスパートの資格所持者が推奨条件に
環境ビジネスの現場

CFPのシステム認証にLCAエキスパートの資格所持者が推奨条件に

環境ビジネス編集部

記事を保存

2012年11月、凸版印刷は民間企業で初めてカーボンフットプリントのシステム認証を取得した。CFPの算定・検証・登録を行うシステムを社内に構築するこの認証方式では、LCAエキスパートが重要な役割を果たす。今回は前回に引き続き、LCAエキスパートに注目する。

CFPシステム認証の内部検証員

CFPマークとCFP登録製品。企業としてCFPに継続的に取り組むため、凸版印刷はCFPシステム認証を取得した。

CFPマークとCFP登録製品。企業としてCFPに継続的に取り組むため、凸版印刷はCFPシステム認証を取得した。

カーボンフットプリント(Carbon Footprint of Products、以下CFP)とは、商品やサービスのライフサイクル全体で排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算し、表示する仕組みだ。2009年度より3年間、経済産業省による試行事業として国の制度が整えられ、2012年度より民間運用が開始した。

CFPには、製品・サービスごとに第三者機関による検証を行う「個品別検証方式」と、2012年度から新たに始まった、自社内でCFPの算定・検証・登録を行うシステムを構築し、そのシステムを第三者機関が検証する「システム認証方式」の2種類がある。

凸版印刷でも、これまでは1製品ごとに申請し外部機関の検証を受けていた。しかし、多品種生産を基本とする印刷業では、印刷物の内容や仕様が決まってから短期間でCFP算定に取り組む必要がある。受注産業である印刷業は、顧客の要望対応のために試行期間中から多くの企業がCFPに取り組んでいたが、CFPの対応が印刷会社にとって負担となることも多かった。

同社ではCFPに対応できるスピードを確保するために、企業としてシステム認証を取得することを決めた。この「システム認証方式」では、信頼性を担保する「内部検証員」の力量が最も重要な項目の一つとされており、2012年7月、その検証員の力量を示す推奨条件の1つに追加されたのが、「LCAエキスパート検定」だ。

2009年の入社以来、高宮さんは本社の環境部門としてCFP制度に対応する社内体制作りに取り組んでおり、2011年の2月に力試しでLCAエキスパート検定を受け合格していた。このため、今回のシステム認証取得では社内唯一の「内部検証員」という立場で、CFP民間移行後初のシステム認証取得に貢献することができた。

同社では、このシステム認証を利用して自社印刷物にマークを表示するだけでなく、顧客企業から請け負う各種印刷物についても、CFP登録・公開するサービスの提供を検討していくという。

1 2

この連載について

『環境ビジネスの現場』
成長産業となった環境ビジネスの現場で活躍するプロフェッショナルは、どこで悩み、どんな製品や仕事があるのか、働くプロフェッショナルに編集部がお会いしていくことで、新しい産業で芽生えつつある新しい職業観を追いかけていきます。

【LCAエキスパート検定試験とは】
LCAについての専門性・技量等において一定の力量を有しているかどうかを評価し、LCA実務者として認定する。第4回試験の申込締切は、平成25年8月9日(金)まで。詳しくは社団法人産業環境管理協会のウェブサイト(http://www.biz.jemai.or.jp/lca-kentei/)でご確認下さい。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.