> コラム > フロン類とは?~フロンが地球環境に及ぼす影響~
フロン法改正~規制強化を企業成長の追い風にする~

フロン類とは?~フロンが地球環境に及ぼす影響~

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2015年4月1日から改正フロン法が施行される。この改正により「フロン回収破壊法」は「フロン排出抑制法」へと通称が改められ、規制強化が進められる。今回はフロン法改正の前段としてオゾン層破壊のメカニズムとフロン類についてまとめる。

フロンとは日本での通称であり、正しくはフルオロカーボンという。フロンは1928年にアメリカで作られた人口の化学物質である。不燃性で毒性も無く、非常に科学的に安定しており、当初は「夢の化学物質」として、エアコン等の冷媒や、溶剤、電子部品の洗浄など幅広く使われた。しかし、1970年代頃からオゾン層への影響が問題視され、1985年のウィーン条約、1987年のモントリオール議定書により世界的に全廃することが決められた。

(※全文:1,095文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

フロン法改正~規制強化を企業成長の追い風にする~ バックナンバー

この記事の著者

白石 遼(しらいし・りょう)

株式会社ユニバース所属/産業廃棄物コンサルタント

大阪府出身。大阪府立大学人間社会学部卒業。ジェネスグループに入社後、実際に建設工事現場の現場管理業務も経験。その後、コンサルティング事業部である株式会社ユニバースに所属。現在は現場経験を活かし排出事業者・処理業者への産業廃棄物のコンサルティングを行っており、大手メーカーの環境教育も担当している。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.