エネルギーをデザインすると地域が変わる!

農業×電力ビジネス

  • 印刷
  • 共有

我が国は農業を新たな成長エンジンとするべく、オランダ型の大規模化・自動化を推し進めているが、農業所得は20年間で半減、農業生産額は3割減少した。国土の7割が森林に覆われ、中小規模農家が6割を占めている状況で、果たしてオランダのように大規模化・自動化を目指すことだけで、農業再興へと繋がるのだろうか。

農業所得は20年間で半減

日本の農業は、TPP妥結や高齢化による大量離農による労働力不足という、戦後以来の大転換期を迎えている。農業就業人口は2040年には20万人の労働力不足が見込まれており、後継者不足が他産業よりも深刻な問題となっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事