> コラム > 「お客さま」とともに取り組み、大手小売業初のRE100宣言(後編)
ゼロ・エネルギー・カンパニーから広がるビジネス

「お客さま」とともに取り組み、大手小売業初のRE100宣言(後編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギーへ舵を切る

『イオン脱炭素ビジョン2050』においては、〈店舗〉、〈商品・物流〉、〈お客さまとともに〉の3つの視点でCO2等の排出削減に取り組んでいく。

ビジョンでは、店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにすることを目指す。その2050年目標からバックキャストで定めた2030年の中間目標として、店舗からのCO2排出量35%削減(2010年比)を掲げる。

現在、イオンのCO2排出量の約9割が電力由来だ。中間目標を達成するには、店舗使用電力の削減と再生可能エネルギーへの転換が重要な要素となる。徹底した再生可能エネルギーへの転換を目指す意思の表れとして、ビジョンの策定とともに、『RE100』への参画も表明している。

(※全文:2027文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.