> コラム > 再エネ導入の現状 取り組みはどのくらい進んでいる?
活性化する再エネ電力市場 再エネ100%電力の選択肢

再エネ導入の現状 取り組みはどのくらい進んでいる?

国内の再エネ導入量は、FIT 制度開始前と比べて約3.2 倍になった。自然エネルギーの全発電量(自家消費含む)に占める割合は17.4%で、増加速度は減速しており、2030 年度の再エネ22〜24%に向け、さらなる環境整備が求められる。

電力を安定的に供給するためには、需要と供給を常に一定に保つ必要がある。太陽光発電および風力発電などの自然変動する再エネの導入が急速に拡大していく中、需要と供給のバランスを保つために、火力発電などで瞬時に発電量を調整し、需要と供給のバランスを保っている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.