> コラム > 国も積極的にSBT認定を推奨している
活性化する再エネ電力市場 再エネ100%電力の選択肢

国も積極的にSBT認定を推奨している

SBTを設定していることが、CDP 気候変動において加点対象になっているためである。近年、日本企業の間で SBT(科学的根拠に基づいた目標)24の重要性が広く認識されてきている。参加企業のステータスが「Set Targets(目標設定)」に変わり、企業名と共に目標が公表されることから、温室効果ガスを削減するための共通のフレームワークを全社的に共有することができる。

SBTが削減対象とする排出量

サプライチェーン排出量(事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出 量)の削減が、SBTでは求められる
サプライチェーン排出量=Scope1排出量+Scope2排出量+Scope3排出量

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

活性化する再エネ電力市場 再エネ100%電力の選択肢 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.