サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

循環型経済-サーキュラーエコノミー化に向けた変化の潮流

気候変動問題を背景にサーキュラーエコノミー(CE)型ビジネスへの関心が高まる一方で、CE型モデルへの転換には、制度的な課題、企業内部の問題など、様々なボトルネックが存在します。全9回のシリーズを通じて、EY Japanの齊藤三希子氏と上田郁哉氏が「CE型ビジネスモデルへの転換」について考察します。

第1回では、(1)CEとは何か、(2)CE化することで企業にどのようなメリットがあるのか、(3)実現に向けた打ち手は-の3点について解説します。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報