> コラム > 循環型経済-サーキュラーエコノミー化に向けた変化の潮流
サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

循環型経済-サーキュラーエコノミー化に向けた変化の潮流

気候変動問題を背景にサーキュラーエコノミー(CE)型ビジネスへの関心が高まる一方で、CE型モデルへの転換には、制度的な課題、企業内部の問題など、様々なボトルネックが存在します。全9回のシリーズを通じて、EY Japanの齊藤三希子氏と上田郁哉氏が「CE型ビジネスモデルへの転換」について考察します。

第1回では、(1)CEとは何か、(2)CE化することで企業にどのようなメリットがあるのか、(3)実現に向けた打ち手は-の3点について解説します。

026102-2

画像はイメージです

0|要旨

現在、私たちの周りは「計画的陳腐化」された商品で溢れかえっている。労働力とエネルギーが安価に手に入り、資源に限りがないと思われていた時代に構築された『リニアエコノミー(大量生産、大量消費、大量所有)』は、限界を迎えている。

気候変動の影響が大きくなった昨今、諸外国は急ピッチでリニア型からサーキュラー型への移行を進めている。

サーキュラーエコノミーの取り組みは、これまで日本で取り組まれてきた3R(Reduce、Reuse、Recycle)や、最近主流となってきた4R(Refuse、Reduce、Reuse、Recycle)の取り組みに留まらない。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.