> コラム > なぜCE化に向けた動きが生じているのか(4)気候変動を意識する株主の意向
サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

なぜCE化に向けた動きが生じているのか(4)気候変動を意識する株主の意向

前回はこちら

2.企業の行動変容

こうした投資家側の投資行動変化に対して、先進的なグローバル大企業は、脱炭素化の手段として自社の事業モデルの中にサーキュラーエコノミーのコンセプトを組み込む動きを進めている。

例えば、アップルでは、2030年までにサプライチェーン全体での再エネ化を進めるべく、同社に対して部品・資材を納入するサプライチェーン全体と同社から出荷された製品の使用を通じて消費するエネルギーすべてをカーボンニュートラルとする計画を2021年7月に発表した。

同社の分析によると、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.