サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

ファッションからサーキュラーエコノミーを考える(前編)

昨今、ファッションの世界においてサーキュラーエコノミーへの関心が急激に高まっている。多くの世界的な有名ブランドがサステナビリティ素材やリサイクル素材の活用に競って取り組みはじめた。欧州を中心に100%リサイクル素材の被服ブランドが相次いで生まれ、日本の大手企業も古着のリサイクルを盛んに行っている。

ファッションと表裏の関係にあるともいえる芸能界でも同様のトレンドが見られはじめ、2020年のアカデミー賞では、サステナビリティをコンセプトとした衣装を身にまとった列席者が注目を集めた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報