> コラム > CE化の具体的な事例 実現に向けた打ち手とは?
サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

CE化の具体的な事例 実現に向けた打ち手とは?

それでは、CE化を実現している具体的な企業事例についてみていこう。CE化実現を実現するための打ち手については前回確認した通り。今回、個社事例としてどのような打ち手をどう利用してCE型のビジネスを構築しているのか、確認していきたい。

(連載第1回:循環型経済-サーキュラーエコノミー化に向けた変化の潮流

1|具体的な事例

それでは、CE型ビジネスの具体的な事例について、各CE化の打ち手に関係する事例を紹介する(図1)。

まず、最もシンプルなものとして、“廃棄物を出さないデザイン”ということで主に素材転換を行うことを通じてCE型の製品を展開している海外スタートアップのケースを紹介する。次に、“モノを所有しないサービス化”ということで、提供者側がモノを所有し利用者に対してレンタル等で提供することで、新たな資源消費を抑制している事例を紹介する。最後に、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.