サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルへの転換

なぜCE化に向けた動きが生じているのか(1) 現在起きている変化とは?

CE化に向けた動きは、中長期的な人口増加と経済成長に伴って生じるであろう資源制約問題に対する1つの解決策という期待の下、動きが進んでいる。加えて、消費者や企業経営陣の意識変化、機関投資家の投資行動変化、そしてグローバル先進企業を中心とした再エネ調達の流れ…これらの要因が複合的に影響しあうことでCE化の流れをさらに加速している、といっても過言ではない。

CE化への流れを、単なる環境問題のトレンドといった視点でとらえるのではなく、環境、政策、技術、社会といった領域において同時多発・並行的に生じている事業環境変化として捉えることが必要だ。そしてこの環境変化への適応如何によっては自社の競争上のポジションに影響してくる、ということを認識する必要がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報