> コラム > 脱炭素と再エネ主力電源化―熱源と分散型が成否を左右する(後編)
環境ビジネスフォーラム「脱炭素経営の推進―いま取るアクションを考える」

脱炭素と再エネ主力電源化―熱源と分散型が成否を左右する(後編)

(前編はこちら

再エネ主力電源化に向けた二つ目の課題

二つ目のタイプが、太陽光や風力といった出力変動が激しく稼働率も低い電源だ。その稼働率や出力変動を補うために蓄電池や火力発電所を併用するのが日本で主流のやり方だが、それにより発電コストが上昇。導入の弊害となっている。橘川氏はコストダウンの一手として、コージェネ(熱電併給)を紹介。「余った電力で熱を作り、その熱で温水を作って供給する。温水用パイプラインの敷設が条件となりますが、2050年までであれば実現可能な構想です」と話した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

環境ビジネスフォーラム「脱炭素経営の推進―いま取るアクションを考える」 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.