環境ビジネスフォーラム「脱炭素経営の推進―いま取るアクションを考える」

資源エネ庁の担当者が語る「脱炭素化へのイノベーション」とは(後編)

  • 印刷
  • 共有

(前編はこちら

グリーンエネルギーへの転換は急務

こうした新たな日常・生活様式・企業活動を踏まえた、「withコロナ」のエネルギー需要高度化・全体最適化に向けた取り組みの検討が今後の課題となる。一方、今回のコロナ危機は新たな社会を再構築する契機ともなった。世界では欧州を中心に、経済復興にあたり脱炭素に向けた気候変動対策をさらに促進しようという「グリーンリカバリー」の考え方が広まっている。こういった潮流のなかで、日本もクリーンエネルギーへの転換を着実に推し進めていかなければならない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報