環境ビジネスフォーラム「工場・ビル・施設のエネルギー効率化」

2021年度の省エネ政策と補助金・支援、資源エネ庁 内山氏が解説(前編)

  • 印刷
  • 共有

カーボンニュートラルの実現に向けて、転換期を迎えている日本の省エネ政策。徹底した省エネに加え、再エネや水素等の非化石エネルギー導入拡大が必要となる。2021年度の省エネ政策と補助金・支援について、経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課 総括課長補佐 内山 弘行氏が概説した。

カーボンニュートラル達成時、省エネによる削減貢献量は15%

2050年カーボンニュートラル実現に向けて、本格的に動き始めた日本。電力部門では非化石電源の拡大、産業・民生・運輸部門では燃料利用・熱利用などにおいて脱炭素化された電力による電化、水素化、メタネーション、合成燃料などを通じた脱炭素化の絵姿を示している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事