> > オムロン、最新の創・蓄・省エネ技術を導入したZEB実証施設をオープン

オムロン、最新の創・蓄・省エネ技術を導入したZEB実証施設をオープン

記事を保存
オムロン、最新の創・蓄・省エネ技術を導入したZEB実証施設をオープン

オムロングループは、13日、最適なエネルギーマネジメントによりZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現する新しいタイプの環境・エネルギー実証施設「ヒューテック環境ラボ」を静岡県浜松市にオープンした。本実証施設では、顧客の事業所や施設を模した設備でZEB化に向けたエネルギー効率化を検証するサービスも提供する。

ヒューテック環境ラボは、太陽光発電、小型風力発電などの再生可能エネルギー燃料電池、マイクロガスコジェネ、小型バイナリー発電機といった最新の「創エネ」システムと、定置型リチウムイオン蓄電装置や系統連系式EV充電器などの「蓄エネ」システムを組み合わせ、施設内のエネルギー利用効率の最大化を目指す実証施設。

オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)とオムロン フィールドエンジニアリング(OFE)が、OFEの自社保有施設であるヒューマンテクニケーションセンター内に開設した。

本実証施設では、導入した創エネシステム、蓄エネシステムを統合的に制御すると共に、照明や空調、給湯等、電力や熱エネルギーを用いて稼働するエネルギー設備の「省エネ」効率を見える化する「負荷シミュレーション」が行える環境を構築する。これによりエネルギー対策に課題を抱える顧客が、自社施設のエネルギー使用の合理化をリアルに実感でき、近い将来に顧客が成すべきZEBの実現に貢献する、という新しいコンセプトで取り組んでいく。

具体的には、顧客施設の既存の設備構成を仮想的に再現し、現状のエネルギー需給状況と、ヒューテック環境ラボの最新システムを活用して最適にマネジメントした場合のエネルギー需給状況と比較し、最新システムの導入効果を実感できるようにする。また、システムの高度化を図る一環として、太陽光発電システム等の安定稼動を見守るO&M(運用と保守)サービスの質の向上などにも取り組んでいく。

実証環境は、一般的なオフィスビルでのエネルギー効率化に留まらず、鉄道駅や道路施設、学校、病院、自治体庁舎等の公共施設を対象に、「エネルギー地産地消」や災害・停電時のBCP(事業継続計画)等に貢献するエネルギー需給システムを幅広く再現できるよう整備を進めていく予定。

オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、創・蓄・省連携でのエネルギー効率を追求する制御システムの開発を、オムロン フィールドエンジニアリング(OFE)は設計・運用・保守を組み合わせたエンジニアリングおよびサービスの提供を手掛ける。OSSとOFEは、ヒューテック環境ラボの取組みを通じて、社会におけるエネルギー利用の効率化と、効率的な分散型エネルギーインフラの普及、構築に貢献していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.