太陽光発電のFIT価格、自家消費するZEHにインセンティブを付与していく方針

  • 印刷
  • 共有
2016年度の買取価格は、また太陽光発電だけ下がる
 (※こちらをクリックすると拡大します。)
2016年度の買取価格は、また太陽光発電だけ下がる (※こちらをクリックすると拡大します。)

経済産業省は、調達価格等算定委員会が22日にとりまとめた、平成28年度買取価格・期間に関する委員長案を含む意見書を公表した。

委員長案による平成28年度買取価格では、太陽光発電については10kW以上・10kW未満ともに、システム費用の下落などを反映し4年連続の引き下げとなっている。買取期間の変更はない。風力発電地熱発電中小水力発電バイオマス発電については、平成27年度の買取価格・期間をそのまま据え置いた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報