2018年度のインバランスリスク単価 太陽光発電・風力発電は4銭/kWh

  • 印刷
  • 共有
インバランスリスクの精算イメージ
 こちらをクリックすると拡大します
インバランスリスクの精算イメージ こちらをクリックすると拡大します

経済産業省は3月23日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)に基づき、電力会社などに交付される「再エネ特措法交付金」の額の算定にかかわる、2018年度のインバランスリスク単価を決定し公表した。

2018年度分のインバランスリスク単価は、太陽光発電風力発電が4銭/kWh、地熱発電バイオマス発電水力発電が1銭/kWh。第6回買取制度運用ワーキンググループ(2015年5月18日)で提示した方法に基づき、直近の2016年12月~2017年11月のデータを用いて算出した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報