> > アーバンエナジー、びっくりドンキー一部店舗と工場に再エネ電力を供給

アーバンエナジー、びっくりドンキー一部店舗と工場に再エネ電力を供給

今回の取り組みスキームイメージ図

新電力会社のアーバンエナジー(神奈川県横浜市)は2月4日、同社が提供している再エネ比率100%の電力メニュー「ゼロエミプラン(R)」が、アレフ(北海道札幌市)経営のハンバーグレストラン「びっくりドンキー」稲毛海岸店および同社埼玉県久喜市の食品加工工場に採用されたと発表した。なお、同社が外食産業に供給するのは初めて。

同社は、今回の採用に関して、同社の再生可能エネルギーを重視する電源構成等が高く評価された点を挙げている。同社は、全調達電力量のおよそ40%を太陽光風力水力地熱バイオマス(専焼、廃棄物)などの再生可能エネルギー発電で賄っている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.