> コラム > 環境モデル都市、新たに7自治体を認定
環境モデル都市

環境モデル都市、新たに7自治体を認定

環境ビジネス編集部

内閣官房/環境モデル都市、新たに7自治体を認定

政府は1月22日、「環境モデル都市」として新たに7自治体を認定した。環境モデル都市は、温室効果ガスの大幅削減などに先駆的に取り組む自治体で、政府が選定し、実現を支援するというもの。2008年7月に初めて、横浜市、北九州市を始めとした6都市が選出されていた。

今回新たに認定されたのは、京都府京都市、大阪府堺市、長野県飯田市、愛知県豊田市、高知県梼原町、沖縄県宮古島市、東京都千代田区の7自治体。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


環境モデル都市 バックナンバー

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.