> コラム > 産業廃棄物の保管基準
ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!!

産業廃棄物の保管基準

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

廃棄物処理法は、不適正処理を防ぐために規制が強化され続けている。環境保護への社会の関心は高まり、廃棄物の不適正処理の事例が取り上げられ罰則が強化されている中で、排出事業者は、産業廃棄物にまつわるコンプライアンスの重要度を高めているのだ。

法令を遵守したいと考えたときに問題となるのは、法令の定めの通りに実務的には対応できないような状況が生まれることである。

産業廃棄物の保管場所に掲げる掲示板を例に挙げる。法令は、産業廃棄物の保管基準として、飛散・流出しないような措置などを講じることに加えて、「縦及び横それぞれ六十センチメートル以上」のサイズの掲示板を設けると定めているが、実務的に困難な場合もあるだろう。

(※全文:901文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!! バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.