> コラム > 廃棄物の定義
ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!!

廃棄物の定義

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今回は、廃棄物とは何かという定義に着目する。

廃棄物処理法は、正式名称を「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」という。そこから略して廃掃法とも呼ばれる。その名の通り、廃棄物に関する法律であることから、廃棄物でないものについては対象とはならない。しかし、廃棄物処理法の中で、廃棄物とは何かはっきりとした定義が定められていない。

廃棄物処理法に該当するかどうかの判断基準となる廃棄物の定義は、環境省の見解を示す通知によると「総合的に判断すること」と曖昧なのである。

(※全文:966文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!! バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.