ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!!

産廃行政の管理体制

廃棄物処理の法令を遵守したいと考えても、法令の定めの通りに対応できない状況が生まれている。その一つの要因は、産廃を管轄する行政区である「都道府県または政令市」が100以上存在していることにある。

以前のコラムでも紹介した通り、排出した廃棄物が産業廃棄物に該当するか否か、産業廃棄物の20品目のどれに該当するかなど、法律の定めからは明確に判断できない点がある。行政区ごとに、その判断が分かれる場合も起こっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報