ここまでの対応が本当に必要なの?廃棄物処理法!!

一般廃棄物と産業廃棄物の境界線

  • 印刷
  • 共有

廃棄物処理法を遵守したいと考えても、実務的には法令の定めの通りに対応できない状況が生まれている。今回は、一般廃棄物と産業廃棄物の区分を例に挙げる。

法令は、すべての廃棄物を一般廃棄物と産業廃棄物に大別し、それぞれに処理のルールを分けている。一般廃棄物は市町村がその処理を行うことを定め、産業廃棄物は排出した企業に処理責任があることを定めている。私たちは、家庭からは一般廃棄物を、仕事では産業廃棄物をというように、どちらも排出する場合があるが、それぞれの処理のルールは全く異なるものになっているのだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報