> コラム > ドイツ進出 ―日本企業が採用する組織の形態
ドイツ進出 A to Z

ドイツ進出 ―日本企業が採用する組織の形態

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ドイツでは脱原発政策の進展に伴い、再生可能エネルギー関連のビジネスが多様化する一方です。最先端技術が求められる市場であるため、品質と技術力で世界トップクラスのドイツと日本の協業には、大きな可能性があります。風力発電の分野では大手企業を中心に既に実績がありますが、中小企業にとっては蓄エネルギー、グリッド関連事業、デマンドレスポンスなどエネルギー管理の分野に今後チャンスが見出せそうです。ドイツは従業員数250人未満の会社が全企業数の99%を占める「中小企業の国」であり、海外の中小企業にとって進出しやすいビジネス環境がある点も見逃せません。

そこで今回から、ドイツへの進出を検討している読者の皆さんに、実際の進出プロセス、事業開始後の留意点、日独の税制や商習慣の違いなどについて、シリーズで解説いたします。

(※全文:2,245文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ドイツ進出 A to Z バックナンバー

この記事の著者

シュテファン・シュマックス

リンケ・トロイハント社取締役、ドイツ税理士

英国 London School of Economics and Political Sicence、ドイツ・ケルン大学 経済学部卒。 大手会計事務所勤務を経て、2004年にリンケ・トロイハント入社、2006年から同社取締役。日本企業を中心に、国際展開する中堅企業への税務、財務コンサルティングを主に担当する。
【お問い合わせ】
リンケ・トロイハント会計税理事務所(RINKE TREUHAND GmbH)
田中聖香(ジャパンデスク)
Eメール:mika.tanaka@rinke-japan.de

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.