> コラム > ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第1回(取引先/サプライチェーン)
コミュニケーション戦略におけるSDGs

ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第1回(取引先/サプライチェーン)

1、SDGsの「主流化」と取引先からの要請

(1)SDGsの:「主流化」 

今後、SDGsはあらゆる国際機関や政府の政策で踏襲され「主流化」が進む。次の6方面の動きが重要だ。

  1. ESG投資が加速し事業会社にはSDGsの実践を求めている。投資ではSDGsと ESGが表裏の関係でとらえられている。
  2. 取引の大きなプラットフォームを提供する企業(流通大手、基幹製品大手企業、大規模プロジェクト推進企業など)がSDGsを大きく打ち出し始めた。つまり、これら企業との取引にはSDGsが必須になる。

(※全文:1919文字 画像:あり)

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.