コミュニケーション戦略におけるSDGs

ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第4回 (採用)

  • 印刷
  • 共有

前回までの連載(「取引先/サプライチェーン」「投資家/金融機関」「社内/インナー」)で、対外的・対内的にSDGsを導入する方法を紹介いたしました。これらの方法でSDGs経営に持ち込んでいくことができます。そしてSDGs経営は、採用面でも大きな効果を発揮するのです。

ミレニアル世代・ポストミレニアル世代とSDGs

(1)拡大し、進展するSDGs経営

政府の「SDGsアクションプラン2018」および「同2019」では、日本の「SDGsモデル」の3本柱として次のものが掲げられている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報