コミュニケーション戦略におけるSDGs

ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第2回(投資家/金融機関)

  • 印刷
  • 共有

前回、SDGsの「主流化」に触れましたが、この主流化をけん引している一つの要素がESG投資の加速であり、投資家は事業会社にはSDGsの実践を求めています。この意味で、投資ではSDGsとESGが表裏の関係でとらえられています。

今回は、2018年11月開催の経済産業省「第1回 SDGs経営/ESG投資研究会」でも紹介された、著者が考案した「ESG投資とSDGs相関整理図(笹谷マトリックスモデル)」も併せてご紹介します。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報