> コラム > 企業の約6割が自然災害へ未対応
高まる大規模災害リスク 電力安定供給に向けた防災

企業の約6割が自然災害へ未対応

帝国データバンクが実施した「自然災害に対する企業の見解」について調査(2020 年10 月調査/有効回答企業数は全国1万1,448 社・回答率48.3%)によると、自然災害の対応状況について、「対応を進めている」企業は 36.9%、「対応を進めていない」は 59.1%だった。

027702-2

自然災害への対応状況~規模別~

027702-3

最も警戒する自然災害

出典:自然災害に対する企業の見解について調査(帝国データバンク2020/11/17)より

最も警戒している自然災害は「地震」

自然災害への対応を進めている企業を規模別でみると、大企業の54.9%が「対応を進めている」。一方で、中小企業は 33.0%、小規模企業は25.7%と、大きく差が開いている。とりわけ、小規模企業では 69.5%が対応を進めていない結果となった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %

高まる大規模災害リスク 電力安定供給に向けた防災 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.